2016年12月9日金曜日

平成28年度 第4回特別養護老人ホーム生活相談員学習会  取り組み発表会 開催

12月8日(木)PM 2:00より、大阪市立社会福祉センター第1会議室にて、第4回生活相談員学習会取り組み発表を開催いたしました。第1・2回学習会より引き続き、福祉と介護研究所 代表 梅沢 佳裕氏をコメンテーターとしてお迎えしました。

第1・2回の学習会と施設見学を通じて学んだ事から課題を決めていただき、自施設で取り組まれたことをパワーポイントを使用して発表を行いました。発表者のテーマはそれぞれですが、生活相談員としての視点から自施設の問題点や課題を取り上げ、計画を立て、取り組んだ結果を発表して下さいました。



発表終了後にはお一人お一人に梅沢先生からの講評をいただきました。参加者からもそれぞれの発表に感想を述べてもらいました。

梅沢先生には仙台よりお越しいただき、1年間を通じて講師としてご登壇くださいました。本当にありがとうございました。また、参加者の皆さんには、施設見学や短い期間の中での課題の取り組みとパワーポイントの作成にご協力いただき、ありがとうございました。市老連 v(^-^)v



















日 時:平成28年12月9日(木)午後2時~5時
場 所:大阪市立社会福祉センター 第1会議室
講 師:福祉と介護研究所 代表 梅沢 佳裕氏
参加者:15名








特別養護老人ホ-ム 第4回栄養士学習会 調理実習

平成28年12月7日(水)

特別養護老人ホーム 第4回栄養士学習会の調理実習を行いました。

今回のテーマは 『クリスマスメニュー』


            ≪メニュー≫
   
         クリスマスミートローフ
         アップルポーク
         ハムマリネ
         ケーキ寿司
         パイスープ
         豆腐シュトーレン



クリスマスメニューとあって各班でそれぞれ飾り付け、盛り付けも違って見た目も華やかでとてもおいしそうに出来上がりました。



















<参加者の声>

『盛り付け、食材を少し加えるだけでクリスマスらしい献立になることが勉強になりました。』
『日常的に出しているメニューでも、形を変えて行事用に出来ると思った。』
『盛り付けの工夫も非常に参考になりました。』
『豆腐を使っての献立をアレンジしてメニューを増やしていきたいです。』

とのご意見をいただきました。



今回は材料の下ごしらえ、また作り方の実演を見せて頂き、高の原中央病院 余吾先生、調理師の若野様・斉藤様、ありがとうございました。市老連 (^o^)


会 場:平野区画整理記念会館 調理実習室
時 間:PM2:00~PM400
講 師:高の原中央病院 
     栄養科長 余吾 淳子 氏
     調理師  若野 氏・ 斉藤   氏
参加者:26名 

2016年12月7日水曜日

『第12回大阪市認知症高齢者マネジメント推進研究会・継続研修会』第2・3日目を開催

12月5日(月)6日(火)の両日、大阪市立社会福祉センター第1会議室にて
『第12回大阪市認知症高齢者マネジメント推進研究会・継続研修会』を開催しました。


9月26日のセンター方式について、映像を見ながらの講義とグループワークをふまえ、各自の対象者の方の事例についてグループになり検討、意見交換を行っていただきました。












対象者やスタッフの方々の変化や残された課題などのレポートを提出いただき、来年1月23日(月)の研修会にて取組み発表をして頂きます。

市老連加盟施設等の方々に開催周知をしています。事例検討の成果を発表いただきたいと思います。

参加者の方々からは

「一人一人を個別化し、その人がその人らしく過ごしていける様、シートを利用し隠れている部分に気づけるようにしていきたいと思います
「利用者さんの今まで見えていなかった思いや気持ちが見えた気がした。認知症高齢者の発する言葉をそのままの意味で捉えるのではなく、その人の見えていない気持ちにも気づけるように活用したい」

等の意見をいただきました。

沖田先生、参加者の皆さん、
2日間にわたり、お疲れ様でした。
市老連(^^)! 

日時:平成28年12月5日、6日 10:00.~16:30
会場:大阪市立社会福祉センター 第1会議室
講師:認知症の方とみんなのサポートセンター代表
   沖田 裕子氏
参加:6名

2016年12月6日火曜日

平成28年度災害時相互応援協定 第5回平野区情報伝達訓練及び参集・設置訓練開催

12月5日(月)午後2時より、平野区社会福祉協議会 会議室において、災害時相互応援協定第5回平野区情報伝達訓練及び参集・設置訓練を開催いたしました。今回の訓練は大阪市危機管理室が企画してくださいました。

大規模な地震によって4つの施設が被災をし、応援要請が発生したという想定のもと、訓練を行いました。






事前に配布していた各施設の状況付与カードを訓練当日の午後1時に開封し、グループ長から緊急連絡網を使って対策本部への参集要請の連絡後、午後2時には会場となる平野区社協に参集していただきました。






防災アドバイザーさんの訓練の説明の後、グループ長・副グループ長の指示により対策本部を設置するところからスタートしました。被害の情報を収集する班と応援施設から被災施設への支援の調整をする班に分かれました。


ホワイトボードや地図・模造紙を使用して、被災情報を正確に分かりやすく整理し、被災者の受け入れ・搬送・支援物資の振り分けを迅速に判断しておられました。

訓練終了後には参加者全員に感想を述べていただきました。混乱した状況かつ時間がない中での情報の整理や支援の方法を判断する事の難しさを実感されたようでした。また、行政などからの情報収集の重要性や地域との連携を深めることが今後の課題として挙げられていました。




ご協力いただきました大阪市危機管理室の防災アドバイザーのみなさま、ありがとうございました。また1年を通じてご参加くださいました皆さん本当にありがとうございました。

来年1月19日(木)に市老連の防災シンポジウムを開催いたします。グループ長の瓜破地域包括支援センターの花﨑センター長には平野区の取り組みを発表していただきます。たくさんのみなさまのご参加をお待ちしております。
市老連 v(^-^)v



日 時:平成28年12月5日(月)午後2時から4時 
場 所:平野区社会福祉協議会 会議室
参加者:加盟施設 16名 行政・その他関係者 11名








2016年12月1日木曜日

平成28年度災害時相互応援協定 第4回都島・旭区検討会・意見交換会開催

㈱イオタ 村上氏
11月30日(水)午後2時より、旭区社会福祉協議会 会議室において、災害時相互応援協定第4回都島・旭区検討会・意見交換会を開催いたしました。

治栄会 佐野部長







コーディネーターの㈱イオタ 村上氏より進行説明の後、都島区グループ長の社会福祉法人 治栄会の佐野部長の司会で検討会・意見交換会を開始しました。


今後の課題として挙げられた10項目について話し合っていただきました。話し合いの中では結論が出ない項目や新たな課題の発見もありました。


都島・旭区の2区合同での災害時相互応援協定は市老連として初めての試みとなりました。普段同じ区内では施設間の交流があっても、他区との交流はあまりないとの事もあり、合同区ならではの問題点や難しさもあったかと思います。

今年度、1年を通して災害時相互応援協定に取り組むことで、都島・旭両区の施設間連携が深まり、顔の見える関係を築くことができたのではないでしょうか。今回の取り組みを今後も継続していただき、災害に強い施設・地域づくりに発展させて頂ければと思います。

コーディネーターの村上氏には今年度モデル区となりました平野区及び都島・旭区の災害時相互応援協定を企画し、ご指導・ご協力をいただきました。本当にありがとうございました。

第5回は12月19日大阪市危機管理室による情報伝達訓練(状況付与訓練)を行います。今年度最後の取り組みとなります。どうぞよろしくお願いいたします。
市老連 v(^-^)v

日 時:平成28年11月30日(水)午後2時から4時
場 所:旭区社会福祉協議会 会議室
講 師:㈱イオタ 村上 博氏
参加者:加盟施設 12名 行政関係者 7名











2016年11月30日水曜日

研修会『大阪市介護予防・日常生活支援総合事業について』開催 主催:地域包括支援センター・ブランチ協議会


11月29日(火)PM 2:00より、
大阪市立社会福祉センター第1会議室にて、
研修会大阪市介護予防・日常生活支援総合事業について開催いたしました。

平成29年度より実施となります「介護予防・日常生活支援総合事業」について、大阪市福祉局  高齢者施策部  高齢福祉課 在宅サービス事業担当課長代理 佐藤 正一氏より、2時間にわたりご説明いただきました。


新総合事業の概要として、多様なサービスの充実と介護予防の推進を軸にした事業構成、サービス利用の流れや訪問型および通所型サービスと介護予防ケアマネジメントの類型等を分かりやすく、また質問にも丁寧にお答えくださいました


参加者の方々からは

「センター内で何度となく研修を行っていましたが、やっとわかったように思います」
「資料を読みあげるだけの講師が多い中、本日の講師はご自身の言葉で説明されていた。
熱心にお仕事をされている方の説明は聞く価値がある」

などのご意見をいただきました。


また市老連 地域包括支援センター・ブランチ協議会では、来年2月に『介護予防におけるケアマネジメントのあり方とサービス利用の流れと事例について』(仮題)として、総合事業についての研修会を行う予定です。多くの地域包括支援センター・ブランチの職員の方々にご参加いただけたらと思います。
市老連(^^)!


日  時:平成28年11月29日(火) 午後2時~4時
会  場:大阪市立社会福祉センター 第1会議室
講  師大阪市福祉局 高齢者施策部 高齢福祉課 
      在宅サービス事業担当課長代理 佐藤 正一氏
参  加:71

2016年11月28日月曜日

『防犯研修会』開催

11月28日(月)AM 10:30より、大阪市立社会福祉センター第1会議室にて
『防犯 防犯対策!安心安全な施設へ~高齢者福祉施設における防犯と不審者侵入時の対応~開催いたしました。

平 岡 氏



記憶に新しい相模原市の知的障がい者施設で多くの死者を出した殺傷事件をうけ、二度とあのような悲劇を起こさないためにも、防犯対策を強化し、いざという時のために日頃から考え学び備えていただきたく、防犯研修会を開催いたしました。

壬 生 氏






大阪府防犯設備士協会 専務理事 平岡 豁氏より
「高齢者福祉施設の防犯対策実施上の着眼点」とし、
防犯における基本的考え方、必要と思われる防犯対策、
想定外事案への対応等、細部にわたりご講義いただきました。



次に、大阪府警察本部 府民安全対策課 課長補佐 壬生 吉紀氏・天王寺警察署 術科担当者の方々に不審者への対応方法の実演と質問にお答えいただきました。

天王寺警察署 術科担当者

参加者からは

「実演があり、リアルに必要な内容だと伝わった
「一人でも多くの職員に危機意識を持って、利用者に安全な施設生活を送っていただけるようフィードバックしていきたい
「施設で訓練する必要性に気づかされました

などのご意見をいただきました。
ありがとうございました。市老連(^^)! 


日時:平成28年11月28日(月) 午前10時30分~12時
会場:大阪市立社会福祉センター 第1会議室
講師:大阪府防犯設備士協会 専務理事 平岡 豁氏
         大阪府警察本部 府民安全対策課 課長補佐 壬生 吉紀氏
         天王寺警察署 術科担当者
参加:39